東京ビエンナーレでARアートを体験

2021年09月17日NEW

2021年7月10日から9月5日まで、2年に一度の国際芸術祭、東京ビエンナーレが開催された。コロナ禍で開催が一年延期となったが、今年8月以降の感染拡大で、8月下旬には会場での展示が休場となり屋外展示のみで開催された。困難な中での開催となったビエンナーレだが、このような状態だからこそ、密を避け、屋外でスマートフォンを使って楽しむことができるARアートに注目が集まった。

東京ビエンナーレでARアートを体験

ビエンナーレでは、東京駅の駅舎に向かってスマートフォンをかざすと、背後から人気アニメ「進撃の巨人」に登場する巨人が出現したり、街中にコミカルな豚が登場するなど、街中をアート作品に変えてしまうような作品が展示された。ビエンナーレのテーマ、「見なれぬ景色へ ―純粋×切実×逸脱―」の通り、丸の内や有楽町、墨田川など都内各所の日常風景が、ARで「見なれぬ景色」に変わっていく様子を、気軽に楽しむことができる。

東京ビエンナーレでARアートを体験

ビエンナーレでは、東京駅の駅舎に向かってスマートフォンをかざすと、背後から人気アニメ「進撃の巨人」に登場する巨人が出現したり、街中にコミカルな豚が登場するなど、街中をアート作品に変えてしまうような作品が展示された。ビエンナーレのテーマ、「見なれぬ景色へ ―純粋×切実×逸脱―」の通り、丸の内や有楽町、墨田川など都内各所の日常風景が、ARで「見なれぬ景色」に変わっていく様子を、気軽に楽しむことができる。

東京ビエンナーレでARアートを体験

ビエンナーレの展示にはソフトバンクが協力した。今回、5Gは利用されていないが、5Gを活用することで、こうしたARアートの可能性はさらに広がる。KDDIが6月にGINZA SIXで提供した「Metamorphosis Garden_AR」など、5Gを活用したアート作品も実際に生まれつつある。街中でも気軽に5Gが使えるようになれば、また新しいアート作品が生まれるだろう。東京ビエンナーレのARアートは、今後、5Gがアートの世界も変えていくことを予感させる展示だった。

東京ビエンナーレでARアートを体験

ビエンナーレの展示にはソフトバンクが協力した。今回、5Gは利用されていないが、5Gを活用することで、こうしたARアートの可能性はさらに広がる。KDDIが6月にGINZA SIXで提供した「Metamorphosis Garden_AR」など、5Gを活用したアート作品も実際に生まれつつある。街中でも気軽に5Gが使えるようになれば、また新しいアート作品が生まれるだろう。東京ビエンナーレのARアートは、今後、5Gがアートの世界も変えていくことを予感させる展示だった。

メールマガジン登録

5G×IoTの最新情報やイベント・セミナー情報を
いち早くお届けします。

ミライトのソリューションに関するご質問、ご相談など
ございましたらお気軽にお問い合わせください。