無人店舗 イメージ
#無人店舗#リテールテック

5Gで進化する無人店舗

2021年06月14日

2016年、米Amazonがシアトルに無人店舗を開設してからまもなく5年になる。小売店舗の無人化は、省人化、省力化の観点のみならず、2020年以降は感染症対策としても注目されており、日本でも店舗の開設が続く。カメラやセンサーを活用し、「買わなかった客」の行動履歴を把握できる無人店舗は、5G活用により、更に進化を遂げるとみられる。日本における無人店舗の現状や、中国における5G無人店舗の実態を探った。

日本でも普及が進む無人店舗

2020年3月に開業したJR山手線高輪ゲートウェイ駅には、AIカメラ50台を備えた無人コンビニ「TOUCH TO GO」がある。同店で扱っている商品は、弁当や総菜、菓子、飲料など、約600種におよぶ。商品を選んで決済エリアに進むと、自動で手に取った商品が表示され、Suicaなどの交通系ICカードで決済できる仕組みだ。通常のセルフレジでは、利用者が商品を一つずつスキャンする必要がある。しかし、「TOUCH TO GO」では、店内のカメラやセンサーが自動で認識した商品の一覧と値段がディスプレイに表示される。そのため、利用者は表示内容が正しいことを確認し、決済するだけで買い物が終了する。

無人店舗 イメージ1

「TOUCH TO GO」の実証は、2017年に始まった。当初は、店内で同時に認識できるのは一人だけだったが、現在では10人までを同時に認識できる。また、利用するカメラの数も、認識精度の向上やセンサーの活用により、100台から50台に減らし、大幅なコスト削減を達成している。

新型コロナウイルスの流行を機に、日本でもこうした非対面サービスが加速している。2020年10月には、「TOUCH TO GO」と同じ無人決済システムを利用した紀ノ國屋の無人店舗、「KINOKUNIYA Sutto」が目白駅にオープンした。ファミリーマートも、同じシステムを用いた店舗を展開する。一方、ローソンは、米スタートアップ企業の店舗システム「Zippin」を活用し、レジなし店舗 「ローソンGO」を導入する方針だ。「ローソンGO」は、米国Amazonが展開するAmazonGoと同様の仕組みである。スマートフォンのアプリに表示されたQRコードをかざして入店し、購入したい商品をもって店外へ出ると、事前に登録した決済手段で自動的に決済できる。セブンイレブンは、2025年度末までに学校など全国1,000カ所に無人販売所を整備すると発表した。

無人店舗 イメージ2

中国では、5G無人店舗も登場

2016年に第一号店がオープンしたAmazonGoは、今では米国と英国で30店舗(2021年3月時点)を展開する。5G整備で先行する中国では、5G通信を活用した無人店舗も誕生した。中国では、2017年頃から無人店舗の設立が続いたが、従来のネット環境では決済に時間がかかり不具合も多く、その後ブームは下火になっていた。しかし、5G通信網の整備に伴い、5Gを活用した最新の無人コンビニが注目を集めている。

上海市郊外にオープンしたコンビニ「愛趣拿」は、ジュースやカップ麺、菓子類など約500種類の商品を揃える。スマートフォンのアプリで顔の画像や口座番号を登録する必要があるのは従来の無人コンビニと同様の仕組みだが、5Gにより決済や顔認識のスピードが劇的に速くなり、ストレスの無い買い物体験を実現する。人件費が不要のため、同店では商品価格を他店より1割ほど安く設定しており、投資コストは一年で回収できるという。

5Gで、小売業のデータ活用がますます進化

無人店舗は、超高速の5G通信によりますます快適に利用できるようになる。同時に、5Gは小売業界のマーケティングを大きく進化させるとみられる。センサーやカメラを活用することで、これまでのPOSデータでは得られなかった、「買わなかった客」の行動履歴を把握できるようになるからだ。「商品を手に取ったが、棚に戻した」、「商品AとBを比較し、Aを選んだ」、「どの棚の前にどのくらい立ち止まったか」などの情報だ。このような分析は、例えば高輪ゲートウェイ駅「TOUCH TO GO」でも行われているが、5Gを利用できれば、客の行動をよりリアルタイム、高精度に把握し、マーケティングに活用できるようになる。より多くのカメラやセンサーから得られる情報を、一元的に管理できるようになれば、複数の無人店舗を一箇所から管理することも可能になる。

2021年1月には、NTT東日本が自社やグループ会社の社屋にある売店や食堂など約100店舗を無人化することを発表した。単なる省力化、省人化ではなく、データ活用と新たなマーケティング展開を見据え、異業種でも無人店舗事業への取り組みが広がる。2021年4月には、小学館「DIME」編集部、丸善ジュンク堂書店らが、未来型AI無人店舗「DIME LOUNGE STORE」を新宿住友ビルにオープンした。5Gの普及にともない、このような動きはますます活性化していくだろう。

メールマガジン登録

5G×IoTの最新情報やイベント・セミナー情報を
いち早くお届けします。

ミライトのソリューションに関するご質問、ご相談など
ございましたらお気軽にお問い合わせください。