AO・RTB突出し工法

受賞履歴

  • 2015年度NTT東日本社長表彰受賞

 

概要

電柱の支障移転工事等で中間柱の移設柱が既設接続端子かん・既設架空光クロージャの正面に位置した場合にケーブル張替えを抑止する工法です(2014年11月28日工法導入)。
「短尺突出し金物」を利用することで、単独柱・共架柱の両方に取付け可能で、さらに架空光クロージャにも適用可能となり、旧工法「接続端子かん工法」に比べ大幅に適用範囲が広がりました。

 

システム構成

tukidashi

 

特徴

  • ケーブル張替工事、それに伴う切替工事の発生を抑止する工法です。
  • 単独柱・共架柱に適用可能です。
  • 架空光クロージャにも適用可能です。(光SSケーブルは除く)

 

販売窓口

  • 株式会社ミライト 技術開発本部 TEL:03-6807-3796

 

PDFダウンロード

資料請求のお問い合わせはこちらから

ミライトへのお問い合わせはこちらから