短尺突出し金物

概要

1 号突き出し金物では突き出し長が、長すぎる場合に利用できます。支障移転工事等の電柱建て替え工事で、建て替え柱が電柱1本分程度家屋側に移動した場合等に最適です。突出し金物取付用バンド(上側・下側)の間隔が短く、地上高確保・街路灯との離隔確保が容易になります。更に、NTT柱での接続端子かん工法に適用される予定なので、適用拡大後にはケーブル張替工事が不要となりコスト削減に繋がります。


kanamono

特徴

  • NTT柱での接続端子かん工法にも適用拡大予定なので、ケーブル張替工事が不要となりコスト削減に繋がります。
  • 突出し金物固定用の上側バンドと下側バンドの取付間隔が短い(20cm)ため1号突出し金物に比べ下側バンドの地上高確保が容易になり安全性が向上します。
  • 下側バンド位置が高くなることで街路灯等の障害物を避けることが容易となり作業性も向上します。
  • 1号突き出し金物よりも安価です。
  • コンパクトになったことで取り回しがし易く、作業性・美観が向上します。
  • 1号突き出し金物と同じ部材を使用しています。(アタッチメント除く)
  • 段架渉も可能で、1号突き出し金物の押さえ板も流用できます。
  • 建て替え柱が支障移転工事等で電柱1本分程度移動した場合に最適です。ケーブル張替工事の発生を抑制する可能性が高まります。

販売窓口

  • 資材リンコム株式会社  TEL:03-6420-0030

PDFダウンロード

資料請求のお問い合わせはこちらから

ミライトへのお問い合わせはこちらから