引上管固定金物

概要

電柱へ引上管路を固定する際には、Bバンドを使用しています。また、管路を増設する場合、Bバンド同士が干渉し引上管路固定作業に多くの時間を要しています。さらに、Bバンドが何本も電柱に巻かれている設備もあり、美観的にも悪いです。そのため、引上管路固定作業の作業性向上及び美観性向上を図るため、引上管固定金物を開発しました。


【製品概要】
fixing_pipeline
【外れ防止対策】
fixing_pipeline
【現行品との比較】
fixing_pipeline
【試行試験】
fixing_pipeline

※NTT東日本-関信越栃木支店設備部様
エヌ・ティ・ティインフラネット(株)埼玉事業部栃木支店様
ご協力のもと、トライアル実施済み


特長

  • Bバンド1本(上下各1本)で引上管路3条固定可能。Bバンドを少し緩め、上から嵌め込む構造のため作業が容易です。
  • Bバンド同士の干渉がなくなったことで、管路間隔が狭くできます。さらに、引上管路の位置調整が容易になり、作業時間が短縮できます。
  • 外れ防止用ポッチ加工により、Bバンドの穴部及び凸部どちらにも引っかかる抜け防止構造です。
  • 現行のBバンドと同一の材質(溶融亜鉛メッキ鋼板)と厚み(1.6㎜)を採用しました。

販売元

  • イワブチ株式会社 TEL:047-368-2221

PDFダウンロード

資料請求のお問い合わせはこちらから

ミライトへのお問い合わせはこちらから