車両飛び込まれ警告システム「ドレミ®」 NEW「ドレミ®」

2017年度国土交通省NETIS登録
2017年度NTT東日本VE提案採用品
2017年度NTT西日本VE提案採用(推奨)品
2019年度NTT東日本VE提案採用品(NEW「ドレミ®」にて認定)

概要

一般道路上で車線規制をして工事を行う際に、工事規制エリアへの車両の飛び込まれによる人身事故の被害を低減するために、
工事車線を高速で走行する車両を検知し交通誘導員・作業員に警告を発する「24GHz帯ドップラー式レーダーシステム」です。

NEWドレミでは、無線発信機を標準で内蔵しているため、オプション(別売)子機を使用することにより高速道路、
一般道で車線規制が長い時や見通しの悪いカーブや坂道で工事を行う際に、ドレミ本体の近くだけでなく離れた場所にいる作業員にも
瞬時に警告を発することができます。


newdoremi

特徴

  • 一瞬身構える事で、人身事故の被害を低減できる確率が上がります。
  • 子機(オプション)により車両検知場所だけでなく、数百m離れた作業者にも瞬時に注意喚起できます。
  • 工事現場から「設定距離(20,30,40,50m)の地点で設定速度(10,50,60,70km/h)以上」の車両を検知し、
    青色回転灯とブザー音で周囲に警告を発します。
  • 青色回転灯は、設定速度以上で走行するドライバーへの警告にもなります。

販売・リース窓口

  • 大明通産株式会社 TEL:03-6275-0152

レンタル

  • 株式会社レント 西日本交通インフラ営業課 TEL:052-400-8611
                                東日本交通インフラ営業課 TEL:03-3599-3805

PDFダウンロード

資料請求のお問い合わせはこちらから

ミライトへのお問い合わせはこちらから