電位差測定装置

概要

電源線(DC-48V,G)の切替作業時、既設側電源供給装置と新設側電源供給装置間の電位差が0.5V以下であることを確認するための装置です。
HO-IBS/SSFのヒューズポイントにUPヒューズ型の測定端子を挿入することで電位差の測定が可能です。
通常のヒューズ挿入と同様の操作で電位差が測定できるとともに、規定値内の電位差をランプの点灯で判断することができることから、操作性および安全性の向上が図れます。

 

システム構成

pocket

 

特徴

・LETランプ点灯により0.5V以下であることが確認でき、電位差が規格範囲内かを確認可能です。
      ・電位差が0.5V以下の場合、緑ランプ(①)が点灯。
      ・電位差が0.5Vを超える場合、緑ランプ(①)が消灯。
・テスターをテスター接続端子(②)に接続することにより電位差の値を確認することもできます。

 

販売窓口

  • 株式会社ミライト ソリューション事業本部 ICT営業本部 第一営業部 NTT代理店部門 TEL:03-6807-3796
  • 株式会社ミライト 技術開発本部 TEL:03-6807-3796

 

PDFダウンロード

資料請求のお問い合わせはこちらから

ミライトへのお問い合わせはこちらから