MIRAIT Total Solutions ミライトの総合ソリューション紹介サイト

 

【ビル被災度診断】:BCP(事業継続計画)対策の一環として「地震の見える化」することができるビル被災度診断システムです

サービス概要


地震による被災時にビル等建物の安全性について、加速度センサで収集した情報を元に瞬時に診断、把握し、「建物に残るべきか」、「避難すべきか」を施設管理者や居住者に向けて的確に情報提供することができるため、初動対策が早期に実施できます。
また、本システムをネットワーク化することで集中管理ができ、全国の管理対象ビルの被災状況の把握や、対策の優先順位付けを行うための指標の一元化も行えます。
ミライトでは、本システムの導入に関するご提案から設置・保守までをトータルでご提供します。

メリット

  • BCP(事業継続計画)やリスク管理に有効です。
  • 事後、取得した観測データにより、詳細なビル等建物の被災度分析ができます。
  • システムのネットワーク化により、被災現地以外の集中管理機能をもつ拠点から情報収集による診断・把握や初動対策の指示が可能です。
  • 被災直後、早期に初動対策を講じることができるため、二次災害の防止につながります。

 

VissQ-Proの仕組み(超高層ビル向け)

 

計測地震防災システム(VissQ-Pro)


計測地震防災システム

VissQ-Proの仕組み(低層ビル向け)

 

簡易震度計システム VissQ-lite【グループ監視】


グループ内各施設の被災状況をセンター側で集中管理。震災支援・復旧のための迅速な対策を可能にします。

簡易震度計システム VissQ-lite【グループ監視】
簡易震度計システム VissQ-lite【グループ監視】

特徴 地震発生時の当該施設の被災状況を把握


広域に複数の施設を展開する組織や企業グループは、本システムにより、センター側(対策本部)で定量的なデータで示された各施設の被災状況を集中管理することが可能です。
各施設の震度、計測震度、加速度(gal)値、通信途絶状況を把握できます。

簡易震度計システム VissQ-lite【グループ監視】

施設対応の優先順位付けをサポート


センター側で各施設の状況を定量的に判断し、対策の優先順位付けをサポートする表示画面を提供します。
また、各施設の被災状況を「エリア別」等の条件により選別した一覧で確認できます

簡易震度計システム VissQ-lite【グループ監視】

センター側から指示をテキストにて表示


センター側で各施設(単体、複数選択可)の表示器に最大32文字のテキストで指示等を送り、表示することが可能です。
被災時に施設管理者が不在の施設に指示を発信できます。
(施設利用者様との施設運用基準を設けていただき、運用願います)

簡易震度計システム VissQ-lite【グループ監視】

導入までの流れ


導入までの流れ

パートナー企業

白山工業株式会社

HAKUSAN


・計測地震防災システム(VissQ-Pro)
・計測地震防災システム(VissQ-Lite)

事例


大手デベロッパ様への施行実績多数

 

関連ソリューション

 

【耐震・免震工事】:ネットワーク機器・サーバラックの耐震・免震工事

資料請求のお問い合わせはこちらから

ミライトへのお問い合わせはこちらから

PageTop